SEOで評価アップを、逆SEOで風評被害対策を

SEO

seo

SEOとは、Search Engine Optimization、サーチエンジン最適化の略称である。
多用される検索エンジンにおいて、特定のキーワードで検索した際の、表示結果に関するものである。最適化を行うことで、キーワードに関連する特定のサイトを、表示結果の上位に表示させることができる。
マーケティング戦略の一環として位置づけられている。

SEOは、特定サイトの表示結果を向上させることで、サイトの閲覧者を増やす目的で行われる。マーケティング戦略では、サイトが検索の表示結果の上位にあれば、購買層を獲得するのに有効であるとしている。
上位に表示されるサイトほど、クリック率、すなわち閲覧者の数が多いと考えられる。そこから購買・消費に繋がる可能性がある。購買・消費につながらなくても、宣伝効果は大きくなる。
SEOを行うことによって、商品やサービスの周知徹底を図り、企業利益を推進させる効果を見込むことができる。

また、逆SEOと呼ばれるものもある。
逆SEOは、風評被害対策に用いられる。特定サイト以外のサイトの順位を向上させ、相対的に特定サイトの順位を下げるのである。

検索エンジン

インターネットサイトの利用者は、検索エンジンを利用して、特定のキーワードに関連するサイトを見つける。
表示結果が上位であればあるほど、検索結果として目につきやすく、閲覧されやすい。また、表示結果の上位に表示されているほど、情報が信頼できるサイトであると考えられている。

表示結果は、検索エンジンの種類によって異なる。これは、検索エンジン検索結果の順位を決定するために用いるアルゴリズムが、それぞれで異なるためである。
SEOは、この検索エンジンごとのアルゴリズムを解析して、表示順位を向上させる要因を特定することから始まる。この要因は度々変更されるため、その都度対応する必要がある。

対象とされる検索エンジンは、主にGoogleである。世界的なシェアを誇る検索エンジンであるため、筆頭候補に上がる。
日本国内では、次いでYahoo!もSEO対象となる場合が多い。国内向けのシェアが強く、利用者も多数いるためである。

業者

kensaku

SEOを実現するためには、検索エンジンのアルゴリズムを解析する必要がある。
しかし、アルゴリズムは内部的に秘匿された情報であり、公開されていない。そのため、アルゴリズムの解析・分析には、独自のノウハウが必要となる。知識や経験を持たないまま、実際的な効果を得るのは非常に困難である。
そのため、企業が自社サイトの表示結果を最適化したいと望む場合、専門の業者に依頼する場合が多い。
この業者のことを、SEO業者と呼ぶ。


おすすめリンク

アダルト業界を牽引するSEOについて|スマートSEO
誹謗中傷で困っているならご相談ください|誹謗中傷レスキュー

成果報酬型SEOの無料見積もりができるのはこちら:E-connection
トップへ戻る